閉店までの経緯

この度の突然の閉店宣言で、たくさんの方にご迷惑をかけてしまいました。そこで、閉店までの経緯をご説明しようと思います。

今から約2年前、友人の介護施設設立の話を聞きました。そして、その内容に共感し、参加したいと思いました。詳しい内容は長くなるので割愛しますが、これがモデルケースとして広がれば、これから進んでいく高齢化社会の諸問題(医療・介護・高齢者の雇用・独居等)を解決できるのではないかと思える内容でした。

友人は福岡から大分県日田市に移住し、約2年間、計画実行のための地ならしを進めてきました。いろいろと障害があって施設の設立までもう少しなのですが、最近になって、それ以外の計画の一部を進めることができるようになりました。内容的には毎日作業が発生するものではないので、当初は太宰府から通う予定でした。太宰府から日田までは、一般道で1時間ちょっとで着くのですが、機動性を考えると日田に移った方が良いということになり、移住を決めました。そして今回の閉店宣言になったわけです。

実際、日田に何度か言ってみたのですが、今住んでいる太宰府市高雄よりも便利です。新しい住居は、築60年近くのボロ屋ですが。。。
ネコちんがいると、借りれる家がほとんどありません。
家のことは、機会があればフェイスブックの方に載せてみようかと思います。

コメント


認証コード0836

コメントは管理者の承認後に表示されます。